2014年5月4日日曜日

大治GCニュースレター:イースター礼拝


ルカ24:1-12「復活された主との出会い」
 
”復活のイエスさま”を礼拝する恵みの大きさ!「死」をも打ち破ったのです。死から甦った勝利者なる主なる神さま。
今も生きて働かれる神さまのみ技を聖霊の導きにより見い出し、イエスキリストの栄光を現わす。毎日の生活をみことばの中で生きる。
今日一番ユニークなのは、百合と藤の花の香りが会堂を包んだことです。

霊肉(心身)共に癒されました。



キッズタイムでは「友よ歌おう」から「ドロローサ」(悲しみの丘へ)を歌いました。
イエス様が十字架にかかって死なれるときの様子を歌います。
悲しい曲ですが、何の罪のもないイエス・キリストが私たちの罪のために十字架にかけられ死なれ三日目によみがえられました。
「死」から復活し、「救い」を完成されたことを祝うのが「イースター」です。
勝利者イエスを「救い主」と信じ、自分の「主」として従うとき、何も恐れるものはないのです。
大いに喜び祝いましょう!

後のポットラック(持ち寄り)愛餐会も祝福され、良き交わり、笑顔の一日となり感謝です(*´∇`*) ハレルヤ!


0 件のコメント:

コメントを投稿