2014年1月22日水曜日

新年聖会

1月19日の午後、名古屋教会にて新年聖会が行われました。

 
今回の講師は、昨年夏に全国中高生キャンプJ-Challenge2013の講師を務めてくださった大嶋KGK(キリスト者学生会)主事。
テーマは「若者とともに生きる教会」でした。
実際に大学生、中高生と関わる中で、あるいはアンケート結果をもとにして、
 「今若者はどのような状態に置かれているのか」
 「どのような感覚を持っているのか」
という、大嶋主事自らが感じ取ったことについて語られました。
 
 
 
そして、今も若者たちは昔の私たちのように、
 ・アイデンティティ
 ・愛について
 ・将来への不安
という課題をもっていること、
また、大人が何に時間を捧げようとしているのかを若者は期待を持って見ていることを話してくださいました。
 
その上で、
 ・若者の「未完成性」「途上性」に寄り添いつつ、
 ・今目の前にいる個人に目をとめていくこと
を原則に、具体的な取り組みの課題など、教会へのチャレンジも熱く語られました。
 
 
 
また、讃美奉仕、司会を青年層、中高生が担当、会場にもJ-Challenge2013の参加者が集まるなど、いつもよりも若い世代の参加が目立つ聖会となりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿