2013年6月16日日曜日

父の日歓迎礼拝

6月の第3日曜日。
今日は父の日です。
 
教会では、聖歌隊の特別賛美他、特別なプログラムが行われました。
 
メインイベントは、ご家族からお父さんへのメッセージ。
 

ふた組のご夫婦が語ってくださいました。
まずは、双子ちゃんを含めて3人のお嬢さんのパパ、Mさん。
 
 
写真に写っているお子さんは今ではもう小学校6年生です!
いつもお子さんのピアノの送り迎えをしてくれるやさしいパパ。
朝早くから遅くまで一生けんめい働いているお父さんに、子どもたちも感謝しています。
さらに!「きちんと怒ってくれるところ」もお父さんのいいところだと言っているそうですよ!
ついついお母さんは感情的になってしまうけど、お父さんはきちんと理由を説明しながら諭してくれるところがいいって。
う~ん、考えさせられますね。
 
続いて、二人の男の子のお父さんであるGさん。
 
 
このベビーちゃんも今では高校生です。
難しい年頃で、一時期はお父さんに反発していたこともあるようですが、今ではよい関係になっているとのこと。
ご主人は今年の抱負として、「父親として子どもときちんと向き合うこと」を掲げていたという話もうかがい、なるほどと納得しました。
 
普段はなかなか口には出して言えない気持ちを、この日は伝えることができるといいですね。
 
礼拝後は恒例の餅つき大会が開かれました。
どなたか、写真を送っていただけると、こちらに載せられるのですが。。。
よろしくお願いします!
 


0 件のコメント:

コメントを投稿