2011年9月25日日曜日

シンガポール福音自由教会50周年記念大会

*今日の礼拝は宣教デーでした。
その中で行われた牧師による報告をお伝えします。

アジアには5つの地域に福音自由教会があります。
香港、フィリピン、シンガポール、マレーシア、日本です。
アジアの教会はルーツが同じです。
全てアメリカの福音自由教会が宣教師を派遣してできたからです。
いわば兄弟教会とも言えるでしょう。
これらのアジアの教会は4年に1度、アジア福音自由教会会議を開いています。
その会議から2年をあけた時期にアジア青年会議が行われています。
今後欧米諸国に代わって、アジアへが政治・経済の中心となるであろうと言われています。
アジアには、世界人口の3分の1を占めるインドと中国があります。
それらの国々に伝道しようというビジョンがあります。

シンガポールには小さな国の中に9つの教会があります。
教会を建てるには、政府の許可を得て、最長50年の間場所を借りる必要があります。
もし、その働きが政府の意向にあわなければ、出ていくように言われ、移転しなければなりません。
移転先は探してもらえるそうですが、保証金は1円しかでないということです。

シンガポールで一番小さい教会が、ちょうど私たちの教会と同じぐらいの人数で、120~130人集っています。
今回の大会でホスト教会を務めたべサニー教会です。
そこは1963年に横内師が宣教を始めた地域です。
私が生まれた年が、まさに1963年です。
シンガポール最大の教会が、4500人です。
これは、日本の62の福音自由教会を合わせた数と同じです。

その教会は郊外にあります。
名古屋で言うならば、ちょうど七宝に西教会があるようなものです。
しかし、事務所は中心地にあります。
これも名古屋にたとえれば栄のような場所です。
平日はオフィスビルの7Fに牧師室、事務室、会議室、スタディルームなどがあります。
広さはちょうど西教会を3階建てにしたぐらいの面積、180坪ぐらいです。

ここから私が学んだのは、4,500人が一致協力するとこれぐらいのことができるのだということです。
日本全国の福音自由教会が一致協力すれば・・・。
私たちは高い志を持つことが大切です。
オフィスで働くスタッフは各セクションに5人ぐらい、合計50人ぐらいです。
みな明るく、喜んで奉仕を捧げ、献身したいという思いを持っています。
この状態が初めからあったわけではありません。

今回は広島教会の北野先生が一緒に行動し、海外交渉を担当してくださいました。
西本先生もきてくださいました。
日本福音自由教会のもっとも古い世代と、若い世代の私とが共に行動しました。
まさに、今回のテーマを表していました。
そのテーマ「Next Generation」が、全てのプログラムに貫かれていました。
20代、30代の人々が活躍していました。
会長は40歳のカイ先生。
私よりも1歳若い方です。
今までシンガポールで中心的な働きをしてこられた方は見当たりません。
どこにいたかというと、ブラジルに出かけていたのです。
ここにモデルとすべき姿を見ました。
国内にいるとつい口を出したくなるだろうから、あえて全てを若い人たちにゆだねて国を離れるという心遣いだったのだろうと思います。

今後、今まで以上にアジアの諸教会からニュースが入ってくるでしょう。
また、日本語教師として、それらの教会に遣わされる人も出てくると思います。

2011年9月18日日曜日

敬老の日感謝礼拝


明日は敬老の日。
それにちなんで今日は「敬老の日感謝礼拝」でした。

特別プログラムは聖歌隊による讃美。
唱歌「ふるさと」は、思わず一緒に口ずさむ方たちも。

牧師からは、人生の先輩である方たちが若い世代の模範となるようにと、励ましのメッセージが語られました。

今日のプレゼントは「あんみつ」。


高齢者の方は無料。
その他の方も、300円で購入できました。
私はいただいていませんが、おいしそうですね♪


2011年9月11日日曜日

協議会役員会報告

*9/4の礼拝説教の中から、協議会役員会に関する部分を抜粋して報告します。

水曜日から金曜日にかけて、協議会役員会が行われました。
後半の2日間は「石巻クリスチャンセンター」構想が中心的議題でした。
アメリカのリーチ・グローバル、長老教会、兄弟団の代表と話し合いを持ちました。
日本福音自由教会協議会と、上記の、四者が協力して、石巻の施設を購入しようというものです。
すでにある建物を用いて、兄弟団を支援し、各教会が開拓し、超教派の働きを進めるということで合意しました。
これは初の協議でした。
難しい課題もありますが、神の国の建設のために一歩踏み出そうと合意に至ったのです。

今までアジアの諸教会と協力することがありませんでした。
今、アジアは日本に目を向けています。
アメリカも日本を心に留めています。
世界宣教のために、異なる部分を超えてひとつの神の民となっていくことを、危機に直面して教えられています。
「危機が去るとまた一致はバラバラになるよ。」
と言う人もいます。
そういう危険性があることを知っているからこそ、そうならないように備えをし、コミュニケーションを撮り、友情を分け合う必要があるのです。
同労者となるのです。
戦友となるのです。

主は、このような危機がなかったら出会わなかったであろう親友を得させてくださいました。
教会内の交わりから一歩進んで、労苦を共にし、協力しようとしています。
祈りと時間を捧げる人が必要です。
その中から主にある友情が培われます。
関係ができると、主の宣教の業を進めていけます。

ふたりはひとりよりもまさっている。ふたりが労苦すれば、良い報いがあるからだ。
どちらかが倒れるとき、ひとりがその仲間を起こす。倒れても起こす者のいないひとりぼっちの人はかわいそうだ。
また、ふたりがいっしょに寝ると暖かいが、ひとりでは、どうして暖かくなろう。
もしひとりなら、打ち負かされても、ふたりなら立ち向かえる。三つ撚りの糸は簡単には切れない。」伝道者の書 4章9~12節