2011年8月15日月曜日

8月1~5日被災地ボランティア報告<1>

8月1日から5日まで、被災地で行ったボランティアをご報告します。

*1日*


マイクロバスに、支援物資を積み込んで出発です。
朝7時少し前。
ボランティア参加者のご家族や教会員がお見送りしました。


ハンドルを握るのは名古屋教会のNさん。
交代しながら2,300kmを走ります。
何と言っても、この移動が一番大変でした。


夕方5時ごろ仙台福音自由教会に到着しました。


支援物資の山。


YWCAにて、国際飢餓対策機構とミーティングをしています。
その日の報告と、翌日の活動の打ち合わせが行われます。

*2日*

国際飢餓対策機構の倉庫。
たくさんの物資が細かく仕分けされいます。


南三陸町から気仙沼に向う途中、風景がだんだん変わっていきます。






今でも瓦礫の山が果てしなく続いています。
気仙沼では、7割の方が亡くなったそうです。


午後1時。
教会に到着。


会堂内に物資がおかれています。


貼られていた励ましのメッセージ。


テントに物資を置き、地域に配ります。


気仙沼第一聖書バプテスト教会です。
ここにも物資をおろしました。
教会堂が被害を受け、印刷所の倉庫を改装して、そこで礼拝を捧げています。


海岸線に沿って石巻に向かいます。
あちこちに震災の爪痕が残っています。
まったく片付いておらず、外へ出ると臭いです。



0 件のコメント:

コメントを投稿