2011年4月24日日曜日

震災救援ミニレポート4

*今日の説教から震災支援関係の情報を抜粋してお伝えします。

先週の金曜日からUさんが東北地方で仕事をしておられます。
盛岡から茨木まで500Kmにわたって被災地が広がっています。
Uさんからの連絡では「茨城県神栖市に来ている」とのことでした。
神栖市は水の多い、いわゆる水郷地帯です。
そのため液状化がひどく、地盤沈下や家の傾きがあるそうです。
Uさんが滞在しているところから3.7Kmのところに神栖めぐみキリスト教会があるので、今日はそちらで礼拝を守っていることでしょう。
今、おそらく全国の教会から様々な形で被災地にクリスチャンが遣わされていると思われます。
その地で、復興にあたりながら、キリストを証していくことができるように祈りましょう。
 
アメリカの福音自由教会からは、6月にギルバート師が石巻に遣わされることになりました。
日本やアジアの福音自由教会と協力して、支援の拠点を作り、働きを進めようとしています。
 
最近では震災関連のニュースも減ってきて、被害の少なかった所では、普段の生活に戻っているところもでてきています。
日本の人々も、何かもう遠い過去の出来事のように思い始めているような気がします。
しかし、海外の方たちは熱く祈り、ボランティアを送り、2,000万円を超える献金を送ってくれています。
牧師は5月の中旬までに、仙台を訪問し、また福音自由の協議会で話し合いを持つ予定です。

0 件のコメント:

コメントを投稿